罪人の響き ~クリミナルシンフォニー~

ソウルキャリバーシリーズに関するブログです。 タイトルどおり、主にアイヴィーについて。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞭44AH。

ここのところ惨敗記録ばかりであれでしたが、久々にネタを。

鞭44AHは非常に性能の良い技です。
リーチは鞭らしい長さを誇り、横斬りであるためランにも強い。
ヒットすればそのままジルフェB6B4B6B4Bで81点の大ダメージ、ガードされてもブレイクを起こしてその有利フレームはクリミ/マイト/ジルフェKに割り込めないほど長い。
相手に触れさせさえすればかなりおいしい技ということです。

一方、欠点は発生の遅さ、そして上段判定ということ。
つまり、しゃがまれると乙、ということになります。

狙い所ですが、まず小技を当てた後が考えられます。
例えば少し離れたところで鞭2Bをヒットさせた場合。
僅かに有利にはなっていますが、相手が立ちガード投げ抜けをしていると、クリミナルも中段攻撃も効果が薄くなります。
そこで鞭44AHをガードさせ、再び大幅有利からジルフェK/クリミ&マイトでの三択を仕掛けるわけです。

また、ガードインパクト成功時にインパクト返し対策として出すのもありだと思います。
鞭3KHが定番ですが、ヒット時は兎も角ガード時が動きづらいのが難点です。
そこで、鞭44AHを使ってみると・・・。
インパクト返しにはヒットしてコンボで81点。
ガードで様子見をする相手にはブレイクからジルフェK/クリミ&マイトでの三択。
見てからしゃがまれる危険性は残りますが、決して悪くないと思います。
但し、捌きの際に出すと、軸ずれを起こしてジルフェに構えた瞬間にあさっての方を向くことがあるので、弾き限定にしておくのが良さそうです。

一方、直接当てることを考えるのであれば、44というコマンドを活かして下がりながらスカ確っぽく狙うのが良いでしょう。
例えば、鞭2Bの先端部分をガードさせて44で下がり、相手の技が空振りしたところに鞭44AH・・・等は理想的に思えます。
ヒットすればよし、もし間に合わずにガードされてもまだ有利な状態が続くことになります。

ちなみにガードさせた場合、とりあえずジルフェKが安定行動になります。
割り込みはできませんし、ガードされても間合いが大きく離れます。
その場合、相手の技はほとんど届きませんし、下手に技を出せば空振りしてそこに再度のジルフェKが当たることになります。
しゃがんだり暴れたりする相手にはジルフェKでOKですので、立ちガードを固める相手にはクリミ/マイトで投げ二択を仕掛ければOKでしょう。

「またも俺のターンっ!」を実現する(かもしれない)鞭44AH、選択肢に加えてみるのは如何でしょうか?
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izumix5001.blog14.fc2.com/tb.php/108-fb4a1e6f

Menu

プロフィール

いずみっくす@群馬

Author:いずみっくす@群馬
群馬県在住のキャリバープレイヤー。
メインキャラは1からずっとアイヴィーで「記憶に残るアイヴィー」を目標に研鑚中。
その実は、多分単なるクリミ厨(;´Д`)
その他現在は雪華、リザードマン等を使用中。

PS3でオンライン対戦をしております。
IDは"izumix5001"です。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。