FC2ブログ

罪人の響き ~クリミナルシンフォニー~

ソウルキャリバーシリーズに関するブログです。 タイトルどおり、主にアイヴィーについて。

Entries

状態別考察1 ~環状態編~

ようやく環状態編が完成しました。

まだ細かい検証が済んでいない状態のため、あくまで現時点の感触、という程度のものです。
そのため間違いも多いかと思いますが、その点はご容赦ください。
誤り等ありましたら、コメント等でご指摘いただければ助かります。

なお、フレームにつきましてはgot squashedさんのアイヴィー技表に基づいています。

【技別一言インプレッション】
【AA】
発生14、連続ヒットしてダメージは20点。
環状態ではKに次いで発生の早い技。
1発止めはヒットしても-2で、ガード時は1発止めも出し切りも-10なので、基本出し切ってしまって良い。

【6AK】
上段横斬りから回し蹴りを出す新技。
2発目がヒットした場合、回復可能スタンを誘発する。
また、2発目をガードさせると+1なので、そのまま攻めを継続することができる。
相手が2発目をしゃがむようになるまでは、ガンガン出していって良い技。
なお、1発目がヒットしていると、2発目をしゃがむことが出来なくなる。
相手がしゃがむようになった場合、1発止めを使いたいところだが、1発止めの隙が非常に大きいため、後述の6A,A+Kを混ぜる形で対応したい。

【6A,A+K】
技表に載っていない、6Aからの派生技。
環立ち途中AAの2~3発目が出る。
6AKだと思ってしゃがむと、中段の2発目がヒットして、そのまま3発目まで連続ヒットになる。
但し、相手がガードに徹していた場合、見てから3発目をしゃがめるのは環立ち途中AAや鞭6AAと同じなので注意したい。
一応、3発目をガードさせれば確反を受けることはない。
基本的には環6AKを使い、相手が対応してきたらこちらを使うことになる。

【3A】
その場から動かずに右から左へ薙ぎ払う中段横斬り。
発生はそこそこ早く、ノーマルヒットで五分、カウンターヒットで回復不能スタンを誘発する。
この際、相手が受け身を取れば環236BBが受け身確定となるが、寝っぱなしを選択された場合は空振りして隙を晒すので注意。
多喜のAAのみ確反となるが、間合い的に確反を食らうことは少ないと思われる。
間合いを変えないまま出せる中段横斬りは貴重なので、先端ギリギリの間合いでうまく振っていくと良い。

【2A】
接近戦の要。
発生15、ヒット+4と非常に優秀。
押し込まれた際には基本的にこの技から切り返しを試みるのが良い。

【1A】
下がりながらしゃがみ込んで出す下段技。
カウンターヒット時は相手を大きく浮かせ、環4B,B+K→剣214Kのコンボや、A+K→鞭3B+Kでのリングアウトが狙える。
しかし、リーチが極端に短いため、相手に触らせることすら難しいのが困り者。
前に突っ込んでくる相手に対し、置くように使えれば理想的。
一応、ノーマルヒットでも+1ながら有利になる。

【66A】
キャリバー1からの伝統の技、ハッチャーレイヴン。
相変わらず中距離戦で相手のRUNを抑制する技として活躍する。
3AEのように踏み付けでの追加ダメージは望めなくなったが、単体29点のダメージは充分に優秀。
かなりリーチがあるので、下がりが遅くなった今作では先端当てがやりやすくなっている。
但し、アイヴィー慣れしている相手は読んでしゃがんでくることも考えられるので、そういう相手には後述の33or99Aを使うと良い。

【33or99A】
前作の鞭66A。
66Aと異なり中段なので、66Aをしゃがむ相手、或は立ち回りとしてステップしてからしゃがむ相手等に有効。
但し、沈み込むようなモーションのせいか、リーチは見た目ほどなく、発生も66Aに比べれば遅い。
また、未確認だが、上段をすかす性能があると思われる。
カウンターヒット時は回復可能スタンを引き起こし、大幅有利になる。
回復しない相手にはそのまま環214Bが繋がって浮き、環4B,B+K→剣214Kで大ダメージ。
回復する相手には投げが有効で、可能であればA+KかB+Kで状態を変え、コマンド投げを仕掛けたい。

【22or88A】
発生は遅いが、かなりリーチの長い上段横斬り。
中距離から攻撃したい、或は相手を少し追い払いたい場合に有効。
ガードバックがあるので、取り敢えず相手に触れれば良い、という使い方ができる。

【BB】
発生17と、標準的なBBに比べるとやや遅い。
ノーマルヒットで連続ヒットせず、1発目ガード/ヒットが-6/-2、2発目ガード/ヒットが-11/-4のため、非常に使いづらくなっている。
早い中段として咄嗟にBBを打ち返したくなる場面は多いが、これを使うくらいなら2Bを使うべき。
悪い意味で、環状態の要注意技であると言える。

【6B】
ややリーチのある中段突き。
これも伝統の技だが、発生、ガード時、ヒット時とフレーム面が全て悪化している。
上段すかしがついているため相手のAA等に合わせる使い方もできるが、ヒットしても-3という点には注意したい。

【3B】
発生18の浮かせ技。
遂にノーマルヒットで浮くようになったが、その代償として発生14までの確反を受けるようになってしまった。
リーチはかなりある技なので、極力先端を当てるようにして出したい。
右方向に体を開きながら出すため、稀に縦斬りをかわしつつヒットすることがある。
状況次第ではBB暴れへの対抗策として使えるかもしれない。

【2B】
全く頼りにならないBBの代わりに、取り敢えず打てる中段縦斬り。
発生Bと同じ17で、ガード/ヒットは-7/+1と遥かに優秀。
ダメージもB13に対して2Bは16あるので、咄嗟のときはこちらを出すよう心がけたい。

【1B,B+K】
前作の鞭BBだが、今回はフレーム面で大幅に改善が行われている。
発生17で連続ヒット31点、ガード/ヒットは-10/+3のため、こちらのほうが一般的なBBに近い性能である。
BBの代わりはこちらを推奨したいところだが、一つ大きな問題を抱えている。
それは、コマンドにB+Kが含まれているため、環状態移行直後に出さない限り、剣状態に移行してしまうことである。
そこそこ間合いが離せる技にも関わらず剣状態に移行してしまうため、折角の有利が活かしづらいのが厳しいところ。
一応、相手がガードで固まるようであれば、そのままクリミナルシンフォニーを狙うという手は考えられる。
ちなみに、1B+Kという簡易入力が存在する。

【4B】
コンボパーツとして大活躍する技。
空中でヒットさせると地面に叩きつけられた相手がスピンするため、そこに各種追撃が確定する。
代表的な追撃は環236BBとB+Kからの剣214K。
環4B,A+Kと入力すると2発目の性質が鞭4Bのものになり、ヒット時大幅有利になるがガード時の不利が増える。

【236BB】
ほぼコンボ専用の技。
環3B、環4B空中ヒット、鞭3Aカウンターヒット等から繋げることができるが、タイミングは意外にシビアである。
この技でコンボを〆た場合、相手がジャスト受け身を取るとかなり危険になるので気をつけたい。
可能な限り、コンボの〆はB+K,剣214Kを使いたい。
但し、リング際だけは例外で、リングアウトさせることができるためこちらを使いたい。

【214B】
3AEでは散々な性能だったが、往年の強さを一部取り戻した技。
兎に角軸ずらし性能が高く、少々不利な状態から出しても、縦斬りは殆ど避けてしまう。
横斬りもタイミングが合っていて且つ発生方向が合っていれば避けてしまうほど。
ガードバックが大きいので反撃は受けづらいが、隙そのものはかなり大きいので注意したい。
なお、ホールドするとメタエレム・ジルフェに移行するので、相手の動きに合わせてその後の動きを選択したい。

【立ち途中B】
非常にリーチの長い中段縦斬り。
発生も19と遅くなく、ガード時-5、ヒット時はダウンを奪えるという高性能。
2Aのヒット有利を活かせば、AA以外ではほぼ割り込まれない連携となる。
立ち途中Kと並び、しゃがみからの安定選択肢。

【33or99B連打】
剣を一気に突き出す姿勢のせいか、思いの他リーチがある。
前に走りながら出せる中段攻撃としては発生も早く使いやすいので、間合いを詰めたい時に重宝する。
Bを連打するとダメージが上がるので出す時は必ず連打で出したい。

【K】
発生13、環状態では最速の技である。
但し、ヒットしても-1であることには注意したい。

【6K】
発生16でヒット時+1となるリーチの長い蹴り。
上段すかしがあるので、AA等を読んだ場合に差し込むのに使うことができる。
但し、ガード時は-11なので、確反が取れる相手に使う際は間合いに注意したい。

【2K】
基本技である2K。
発生は15だが、ガード/ヒットが-14/-4であり、ヒットしても状況が改善しないのが苦しい。
下段の削りとしては兎も角、割り込みとしては同じ発生の2Aのほうが全てにおいて優秀なのでそちらを使うようにしたい。

【4K】
毎回コマンドが変わっている中段の蹴り上げ。
発生18、ガード/ヒットは-10/+3でかなり優秀。
ガードバックが非常に大きいので、確反はリング際でもない限り入らない。
カウンターヒット時は相手がダウンするので起き攻めに移ることができる。
この技にも上段すかしがあるので、発生の違う6Kと使い分けたい。
なお、リング際でヒットさせると相手をリングアウトさせることができる。

【立ち途中K】
発生15、ガード/ヒット-7/+5と、フレーム的には環状態最強の技。
2Aヒット後は割り込まれることはなく、暴れる相手にはカウンターヒットしてさらに有利が取れる。
ヒット時は少し間合いが離れるので、前に出てさらに攻めていきたいところ。
B+Kで剣状態に移行してクリミナルシンフォニーも良い。

【66or33or99K】
発生18の上段回し蹴り。
ヒットすればダウンを奪え、ダメージも30点となかなかのもの。
ガードされても僅かに-2と、リスクは非常に小さいので、しゃがまない相手にはどんどん振り回していくべき。

【A+B,A】【A+B,A+K】
起き攻めにはなくてはならない技。
以前のエントリで書いたとおり、狙っていくならばリターンの大きいA+B,A+Kを使いたい。
ガードされると-14だが、稀にエンジェルストライクですら届かないこともあり、リターンと比較すればリスクは小さい。
ヒット時は鞭66A+Bを繋ぎ、さらに鞭状態のまま起き攻めを進めたいところ。

【6A+B】
相手の上段技を一点読みした場合にはこの技が良い。
上段すかしの発生が早く、リターンが非常に大きい。
但し、ガードされると-19となり、ガードバックがあるものの一部キャラには手痛い確反をもらうことになる。
相手と場面を選んで慎重に使いたい技である。



【距離別立ち回り】
【遠距離】
開幕以遠、基本的には技が届かない間合い。
相手のキャラや戦い方に合わせてこちらも戦術を選択したいところ。
また、距離を取ったまま保とうとする相手には、A+Kですぐに鞭状態に移行することも考えたい。

相手が左右にRUNを続けるようであれば、66Aで突撃すると良い。
ヒットすればダウンを奪え、起き攻めに移行することができる。

また、前に出て技を出そうとする相手に対しては、214Bを置いておくと良い。

使用頻度の高い技:66A、22or88A、214B、A+K

【中距離】
その場から出した技が、先端くらいで届くような間合い。
相手のキャラや戦い方に合わせ、距離を詰めるか離すかを考えて動きたい。

この間合いを保って戦う場合は、214Bを相手の技の出際に合わせるのが理想。
距離があまり変化しないので、ダメージだけ奪って同じような状態を維持できる。
食らった後に固まる相手の場合は、ジルフェ移行からさらにプレッシャーをかけたい。

また、うまく相手の技をすかして3Bでスカ確を取るのもこの間合い。
先端を当てるようにすれば確反の危険性も下がるので、間合いを上手く把握したいところ。

使用頻度の高い技:AA、6AK、6A,A+K、3A、66A、33or99A、6B、2B、3B、1B,B+K、214B、立ち途中B、66B連打

【近距離】
中距離よりさら近く、殆どの技が届く間合い。
A+B,A+Kや投げが機能し、ハイリスクハイリターンの傾向が強まる。

環状態は技の発生速度がやや遅めのため、接近戦が得意なキャラを相手にしている場合は、2Aでの割り込みを中心にし、相手の得意距離から離れることを心がけたい。
ここでも214Bは活躍し、多少不利な状態でも相手の技をすかしながら反撃することが可能。
1B,B+K等で有利を取りつつ剣状態に移行して、そこからクリミナルシンフォニーを狙うのも有効。

また、環状態はどうしても下段技が薄いため、積極的に投げを仕掛けていきたい。
投げを使うことで、裏の選択肢となる中段のA+B,A+Kの有効性が上がる。

使用頻度の高い技:AA、6AK、6A+K、2A、2B、1B,B+K、214B、K、2K、4K、立ち途中K、A+B,A+K、A+G、B+G



以上、雑駁にまとめてみました。

次回は剣状態になります。
クリミ厨としては最大の山場かもしれませんw
スポンサーサイト



*Comment

NoTitle 

分かりやすい解説。初心者にはありがたいです。
今後の参考にさせて頂きますね。

しかし、フレーム的に見るとジークよりはるかに恵まれてますね。
正直HITで+がつく技がこんなにあるなんてビックリでっす。
  • posted by たらふらく 
  • URL 
  • 2008.08/18 15:11分 
  • [Edit]

NoTitle 

これでも3AEと比較すると相当酷くなってるんですけどね。
環と剣は2Aが殆ど変わっていないのが救いです。
しかし、アイヴィーと比較して恵まれてると感じるとなると、ジークは本当に悲惨みたいですね・・・。

全キャラこんな調整してるのかと思ったら、キャラによってはそうでもないみたいですね。
gs見たら、カサンドラのKがヒット+9とかなってて吹きました。
発生が同じアイヴィーのK(ヒット時-1)と10フレームも差をつけるとは・・・。
開発が何を考えているのかさっぱり分かりません。
  • posted by いずみっくす@群馬 
  • URL 
  • 2008.08/18 15:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんな解説をずっと待ってました!
ありがとうございます!
  • posted by びぎなん 
  • URL 
  • 2008.08/18 17:38分 
  • [Edit]

NoTitle 

なんとなくやってた事をシステマチックに解説してくれて、
とても参考になりました。

基本技のAA、BB、Kぐらいは全キャラ統一性能か、
VFみたいに軽・中・重量級でわけるぐらいにしてくれればいいのに。
キャラ多すぎて覚えられないですよ。
まぁ、逆に体重別コンボを覚えなくてもいいのはありがたいですけどね。
  • posted by ACE 
  • URL 
  • 2008.08/18 19:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

>>びぎなんさん
どうもありがとうございます!
4アイヴィーに慣れていく上で参考になれば嬉しいです。
まだ少し時間がかかると思いますが、剣状態編・鞭状態編も随時upしますのでお待ちください。

>>ACEさん
3AEの頃はある程度統一されつつも、多少の個性が出ている感じで良かったなー、と思いました。
4ではキャラごとに相当変わっているみたいなので、覚えるのが本当に大変です。
ちなみに私は、VFの体重別コンボ、足向き別コンボは、2の頃から全く覚えられませんでした・・・。
  • posted by いずみっくす@群馬 
  • URL 
  • 2008.08/18 21:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

イマイチ何をすれば良いかわからなかったのですが、
おかげで環状態について
どう立ち回れば良いかイメージできました。

あと、つっこみなんですが、1Aはヒットで多分-1で、1BB+KはB+Kを短く押せば環状態を維持できるみたいです。
  • posted by  
  • URL 
  • 2008.08/19 17:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

あぁ、VFは足位置もありますね…。
とっさに判断できる人は凄いと思います。

環1B+K入力だと1発しか出ない事があったんですが、
したらばの情報だと先行入力では出ないようですね。
あと、環4Bも環4B+Kで技後剣状態になりますね。
きりもみダウンになる条件は、スタンにヒットした時なんですかね。
いまいちよく分かりません。
  • posted by ACE 
  • URL 
  • 2008.08/19 18:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

>>名無しの方
コメントどうもありがとうございます!
環状態は新規追加なので何をすればいいのか分かりづらい感じがしますよね。
つっこみありがとうございます、1Aはこちらでもヒット時-1であることを確認いたしましたので、wikiも修正しておきました。
1B,B+Kですが、私が短く入力するのが出来ていないのか、確認が取れませんでした。
今のところ、総合掲示板アイヴィースレに投稿されていた1B,A+B+Kが一番良いのかなー、と思います。

>>ACEさん
足位置はもう完全に無理でした。
先行入力すると1B+Kで1発だけ出て剣状態になりますね。
ホールド等々、まだまだやり口があるみたいですね。
総合掲示板アイヴィースレが熱いです。
  • posted by いずみっくす@群馬 
  • URL 
  • 2008.08/19 19:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

初代からアイヴィー一筋で
マイトとクリミを生命線にやってきて
4でナムコに大きく裏切られたと感じた今日この頃

もう丸暗記で参考にさしてもらいます。
環は下段に乏しすぎて今までで一番辛いです;

やっぱり今回もいかにマイトクリミで投げるかに命を賭けて行こうと思いますw
  • posted by マリーローズ 
  • URL 
  • 2008.08/20 00:58分 
  • [Edit]

NoTitle 

コメントどうもありがとうございます!

マイト・クリミのコマンド変更は本当に腑に落ちませんね。
3まで頑張ってきた人に対する裏切りにしか思えません・・・。

打撃技が激変するのは1→2、2→3、3→4と毎回なので気分的には慣れていますが、手のほうは何とも苦しい感じです。

どうしても下段技が薄いキャラなので、ガンガン投げる方向で行きましょうw
環状態からでも、B+Kさえ入れておけば直後にクリミナルが出せますしね。
  • posted by いずみっくす@群馬 
  • URL 
  • 2008.08/20 19:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

何度も見直してます・・・。剣はまだですかー ^^)/
  • posted by すとん 
  • URL 
  • 2008.09/01 19:48分 
  • [Edit]

NoTitle 

更新が遅れてしまって申し訳ありません。

剣状態はもう少しで原稿が完成しますので、そこから検証を行って修正して・・・という感じで、何とか今週中にはアップしたいと思います。

剣状態はフレーム的に優れた技が多いので、環状態より長文になりました。
  • posted by いずみっくす@群馬 
  • URL 
  • 2008.09/01 22:57分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izumix5001.blog14.fc2.com/tb.php/126-4239fddc

Menu

プロフィール

いずみっくす@群馬

Author:いずみっくす@群馬
群馬県在住のキャリバープレイヤー。
メインキャラは1からずっとアイヴィーで「記憶に残るアイヴィー」を目標に研鑚中。
その実は、多分単なるクリミ厨(;´Д`)
その他現在は雪華、リザードマン等を使用中。

PS3でオンライン対戦をしております。
IDは"izumix5001"です。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索