罪人の響き ~クリミナルシンフォニー~

ソウルキャリバーシリーズに関するブログです。 タイトルどおり、主にアイヴィーについて。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

状態別考察2 ~剣状態編~

遅くなりました。
ようやく剣状態が完成したのでアップします。

まだ細かい検証が済んでいない状態のため、あくまで現時点の感触、という程度のものです。
そのため間違いも多いかと思いますが、その点はご容赦ください。
誤り等ありましたら、コメント等でご指摘いただければ助かります。

なお、フレームにつきましてはgot squashedさんのアイヴィー技表に基づいています。

【技別一言インプレッション】
【AA】
発生14、連続ヒットしてダメージは22点。
1発止めはガード/ヒットが-10/-1、2発出し切りは-4/+4なので、やはり基本出し切ってしまって良い。
目一杯手を伸ばすモーションのせいか、思いのほかリーチが長く、近~中間距離での牽制にも使える。
環AAと似ているが、大きな違いはヒット時+4になること。
この優位を活かし、ヒット時はN択に持ち込みたい。
ヒットバックが小さいので、少し離れたところでヒットさせた場合はクリミナルシンフォニーの仕掛けどころになる。

【6A】
リーチは短いが左右どちらにも避けることができない中断横斬り。
ヒット時の+6はアイヴィー全技を通してもトップクラスの性能で、これで発生17は申し分ない。
但し、ヒットバックが大きく、密着して攻めを継続するのはやや難しいため、ヒット後は中距離で仕切り直しとなる。
近距離で横に回ろうとする相手には絶大な効果を発揮する。

【3A】
発生21とやや遅めの中断横斬り。
残念ながら左側の判定が薄く、反時計方向へのステップ・ランで容易にかわされてしまう。
今作ではノーマルヒットで回復可能スタンを誘発するようになったので、有利を取った状態でのN択に用いたい。
ヒット時、スタン回復しない相手には剣3Bから空中コンボへ、回復する相手にはクリミナルシンフォニー、回復してしゃがむ相手には剣22or88B、回復して立ちガードA投げ抜けをする相手にはB投げ或は剣22or88Kと使い分けるのが最適解か。
なお、モーションの関係か、稀に薄い縦斬りを避けることがある。

【2A】
発生14、ヒット時に+4が取れる近距離線の要。
押し込まれた際の割り込みに重宝する技である。
割り込んだ場合はカウンターヒットが見込めるので、すぐにN択に移行したい。
やや入力の難易度は高いが、ここからクリミナルシンフォニーが出せるようになると効果が非常に高い。

【1A】
剣4Bと並び、アイヴィー最速の発生12を誇る技。
但しリーチはあまり長くなく確定反撃を受けるので、主な用途は微不利時の割り込みとなる。
ノーマルヒット時はダウンだが、カウンターヒット時は回復可能スタンを誘発する。
やや展開が早いので、回復されない場合は剣44Aに繋げば大ダメージコンボが狙える。

【立ち途中A】
しゃがみ状態で有利を取った場合の安定選択肢。
発生18の中段横斬りで上段すかしがあり、ガード/ヒットが-5/+4と極めて優秀。
剣2Aヒットから即座にこの技に繋げば、大抵の暴れ技を潰すことができるので、相手の癖を見極めるのに役立つ技。
3AEでは右側の判定が薄かったが、今作では時計方向ラン・ステップにも当たるようになっており、判定面では大きく強化されている。
ソフィーティアの4B等、強制しゃがみからのセットプレイへの有効な対抗策になったといえる。

【66or33or99A】
大きく体を沈みこませながら繰り出す中段横斬り。
モーション的には環33or99Aによく似ている。
ノーマルヒット時有利、カウンターヒット時はややタイミングがシビアだが、剣1KBで追撃が可能。
環33or99A以上にリーチがないので、しっかりと踏み込んで出したい。

【44A】
発生の遅い上段横斬り。
ガードされると確定反撃も受けてしまうが、カウンターヒット時の見返りは絶大。
A+K→環4B,A+K(A+Kをホールドしておくとやりやすい)→鞭66A+Bの大ダメージコンボが入る。
見た目以上にリーチがあるので、相手のランを抑制するような形でばらまいていくと効果がある。
11or77Aでも同じような技が出せるが、ヒット時の有利が異なるので、コンポのことを考えると44Aで出すのが良い。

【BB】
発生15と環状態と比べて2フレームも早い。
ガード/ヒットは1発止めが-5/+1、出し切りが-8/+1と大差なく、連続ヒットするので基本は出し切りで良い。
リーチもそこそこあるので、さまざまな場面で確定反撃として使っていくことになる。
ヒット時の有利は小さいなので、その後も無理は禁物である。

【6[B]】
【※要確認】発生14の中段突き。
リーチは短く左右への判定はないが、ヒット時すると2発目がガードブレイクを起こし、+5となる。
また、2発目もヒットした場合は回復可能スタンを誘発する。
回復をしない相手には剣1B+K→剣214KやA+K→環214[B]→ジルフェ4B+K→環4B→各種コンボが入って大ダメージとなる。
回復する相手に対しては有利を活かしてN択を仕掛ける。
第一の狙いはクリミナルシンフォニー、しゃがむ相手には剣22or88Bや剣3B、立ちガードA投げ抜けにはB投げ或いは剣22or88Kで。
発生は早い技だが、技後しゃがみ状態の技以外への確定反撃として用いると、相手がしゃがもうとしていない限り2発目がヒットしないので、有利を取ったタイミングや起き攻めのN択で用いたい。

【6B8】
アイヴィーを象徴する技の一つである、ケイジランブラー。
空中にいる相手にヒットさせると打撃投げになり、大ダメージを与えて起き攻めが可能になる。
発生も13とまずまずだが、より早い剣4Bのほうが使いやすいので有効な場面は殆どない。

【3B・33or99B】
2A+B、剣22or88Bとコマンドが良く変更されている技、ソーサリーオートグラフ。
3AEでも高性能だったが、今回はラン以外からでも出せるのでさらに使いやすくなっている。
発生こそ19だが、ガード/ヒットは-4/+7、しかも強制しゃがみ付きと文句のない性能。
ヒット後は例え相手が最速のしゃがみ2Aで暴れても、再度の剣3Bでカウンターが取れるほどである。
カウンターヒットした場合は相手が浮くので、可能であればA+K→環4B→各種コンボ、確認が難しければ剣6B8で吊って再度の起き攻めに移行。
ノーマルヒット時は相手の癖を見るために再度の剣3B等安定行動を一度見せておき、立ちガードで固まるように仕向けてからクリミナルシンフォニー等の崩しを狙いたい。
また、ダウンしている相手にもヒットするため、クリミナルシンフォニーや剣6B8の打撃投げ、或は剣214Kで追い打ちした後の起き攻めにも向いている。
時計方向に転がられない限りヒットし、暴れようとする相手はカウンターヒットで浮くので再度コンボから起き攻めでループ。
この追撃を嫌ってすぐに立ちガードするようであれば、先ほどの崩しが再び機能することになる。
3AEでの経験則になるが、コマンド投げ後に即立ちガードする人は決して少なくなく、クリミナル→クリミナルは決してネタではない。
このようにほぼ完璧な性能の剣3Bだが、見た目の割にリーチがないことにだけは注意したい。

【4B】
剣1Aと並び、発生12の最速技。
リーチがあり、ヒット時は+1ながらも有利となるので、確定反撃が主な用途となる。
ガードされても僅かに-6なので、割り込みとしても使っていきたいところ。

【しゃがみ3B】
しゃがみ状態から出せ、リーチもあり、且つヒット時に有利が取れる貴重な下段技。
発生も21と遅くないので、剣2Aヒット後の選択肢としてはかなり優秀。
確定反撃もほぼ受けず、モーション的にも見てからガードすることは困難なため、崩し手段として多用できる。
ヒットすればさらに+2となるので、すぐに立ち途中Kや立ち途中Aを出せば相手の割り込みは困難になる。
立ち途中Kも立ち途中Aもヒット後は有利になるので、剣2A→剣しゃがみ3B→立ち途中KorAは黄金連繋と言える。
最初これらの選択肢を見せておいて、相手が固まるようになったらクリミナルシンフォニーを狙うと効果的。

【立ち途中B】
悪名高き「ソウルスクワット」の始動技。
それを抜きにしても100点超えのコンボの始動技であり、発生17、ガード時-13は優秀の一言に尽きる。
主な狙い目としては上段技や投げを読んだ時だが、発生が早くリターンが大きいので起き上がりにワンテンポ遅らせて重ねる等、N択を迫る手段としても使える。
距離が離れると相手が浮かなくなるので、距離をよく見て使いたい。

【ジャンプB】
ジャンプして足元を狙う特殊中段技。
7Bで後ろ、8Bでその場、9Bで前に飛ぶが、9Bのみカウンターヒットで足やられスタンを誘発する。
ジャンプステータス、攻撃発生が共に早いので、各種下段連繋が読めた場合に積極的に使っていきたい。
また、思いの外リーチがあるため、一端距離が離れて仕切り直しになった直後にいきなり出すと、前進しようとする相手にヒットすることが多い。
なお、技表では剣状態にしか掲載されていないが、環状態・鞭状態でもG7B、G8B、G9Bというコマンドで出すことが可能である。

【66B】
3AEでは剣44Bで出せた技。
下がりながらすかし確定を取る技として重宝していたが、今作ではコマンド変更と後方ランの弱体化により、突進技として使うことが多くなる。
最大の特徴はソウルゲージへの削りが大きいことで、通常時8回、一度クラッシュした後であれば僅か6回でクラッシュ可能。
相手のゲージが赤く光っていれば、2回ガードさせればまずクラッシュする。
リーチが長いこともあり、ガードの固い相手には積極的に出してソウルゲージを削っていきたい。
但し、見た目どおり横への判定は皆無なので、ランを多用する相手には使用を控えないと危険。

【44B】
発生が36と非常に遅い中段斬り。
かなり扱いづらいが、ノーマルヒット時でも剣1KBや剣6[B]が繋がり、確定反撃も受けないので相手に触ることができれば良い技。
リスクは小さくリターンはそれなりにあるので、相手に合わせて使っていきたい。

【22or88B】
旧剣33or99B。
前に出ながら出せなくなってしまったのはややマイナス点だが、ノーマルヒットで浮くようになったのは大きなプラス点。
浮かせた後は剣6B8が安定だが、距離が近ければ剣214Kのほうがダメージが大きい。
どちらにしても起き攻めに移行できるので、リターンの大きなN択を仕掛けて畳み掛けたい。
但し、ガード時は-13なので、AA程度の確定反撃を受けるようになっていることには気をつけたい。

【6K】
発生16でヒット時+1となるリーチの長い蹴り。
上段すかしがあるので、AA等を読んだ場合に差し込むのに使うことができる。
但し、ガード時は-11なので、確反が取れる相手に使う際は間合いに注意したい。

【3K】
環・鞭状態とは異なり、発生が15と早い。
ヒット時は+2となり、展開も早いのでテンポの良い攻めを展開していきたい。
ヒットバックが小さいので、先端ヒット時でもクリミナルシンフォニーの狙いどころになる。

【2K】
基本技である2K。
発生は15だが、ガード/ヒットが-14/-4であり、ヒットしても状況が改善しないのが苦しい。
下段の削りとしては兎も角、割り込みとしては発生も早い2Aのほうが全てにおいて優秀なのでそちらを使うようにしたい。

【1KBK】
驚異の発生13を誇る中段技。
カウンターヒット時は体が浮いたところにBが繋がって叩きつけ、起き攻めに移行できる。
今作では、最後のKを押していてもカウンター時は打撃投げが成立するので、出し切りで使っていける。
但し、連繋は中下派生があるわけではないので、知っている相手には最後のKはまずガードされていしまう。
ガードされると-14なので、ソフィーティア、カサンドラ、雪華からは確定反撃を受けるので、これらのキャラ相手は要注意。
1発止めでも+2にはなるので、相手の対応に合わせて出し切りかカウンターヒット確認するかを決めたい。
発生の早さを活かして、コンポパーツやカウンター狙いの暴れ技としての使用価値が極めて高い。
リーチも見た目以上にあるので、少し距離が離れて相手が踏み込もうとするところに置いておくと引っ掛かりやすくなる。
しゃがませて-4の剣3Bの後などはうってつけ。

【4K】
毎回コマンドが変わっている中段の蹴り上げ。
発生18、ガード/ヒットは-10/+3でかなり優秀。
ガードバックが非常に大きいので、確反はリング際でもない限り入らない。
カウンターヒット時は相手がダウンするので起き攻めに移ることができる。
この技にも上段すかしがあるので、発生の違う6Kと使い分けたい。
ノーマルヒット時は距離が離れるが、当て方次第ではクリミナルシンフォニーが届くので狙っていきたい。
なお、リング際でヒットさせると相手をリングアウトさせることができる。

【214K】
基本的にはコンポパーツ。
ダメージ補正が3発とも変わらないため、締めとして使うと非常にダメージが高い。
剣22or88Bや空中で環4B,B+Kをヒットさせた際に活躍する。
なお、立ち回りにおいては、発生的にもモーション的にも見てからガードするのが非常に困難な下段技だが、ダメージ10且つヒット時-2なので、運用が難しい。

【立ち途中K】
発生15で、立ち途中技の中では最速となる。
特筆すべきヒット時の有利で、実に+5。
つまり、剣2Aヒット後に暴れる相手の技はほぼ全てカウンターで止め、且つ更に有利を取れる技である。
ヒット時は相手が少し後ろに下がるので、クリミナルシンフォニーを狙うのが良い。
勿論、発生が早いため、しゃがみ状態からの確定反撃技としても活躍する。

【66or33or99K】
発生17、上段すかしを持つ強力なタックル技。
思いの外リーチがあるので、立ち回りで普通に使っていくことができる。
残念ながら、ホールドでジルフェに移行することはできなくなってしまった。
ノーマルヒット時は相手が後ろに下がるので、クリミナルシンフォニーの狙いどころとなる。
カウンターヒット時は剣1or2B+Kがコンボ(ダメージ42)となる。

【22or88K】
多少発生が遅くなったが、まだまだ強力なアイヴィー下段技の主力。
姿勢も低く、思いがけない技をかわしつつヒットすることがある。
また、回転系のため、横移動にも強い。
リターンを考えればガード時の-18は破格と言える。
ガード投げ抜けを多用する相手に崩し技として多用することになる。
追撃は先端ヒット時以外は剣214Kが安定するが、3AEと比較するとややタイミングがシビアになっており、入力が遅れると回避されてしまうので特にオンライン対戦では注意したい。
2A+Kで同等の技が出せるが、こちらはコマンドの都合上技後環状態に移行してしまうため、剣214Kでの追撃ができないことに注意。

【A+B】
非常にダメージの大きい中段斬りで、最大ホールドすることによりガード不能にすることができる。
モーション通り左右にもある程度の厚さも持っているが、発生が遅いためにランで避けることは十分可能。
そのため運用には、リング際を使ったり、受身に合わせたり、というような工夫が必要である。
また、a+b[A+B]とスライド入力することにより、暗転+炎エフェクトを出さずにガード不能にすることが可能。

【6A+B】
環6A+Bの伸びない版。
相手の上段技を一点読みした場合にはこの技が良い。
上段すかしの発生が早く、リターンが非常に大きい。
ガードされると-15で、環状態よりは隙が小さいのが特徴。
キャラによってはBBが確定してしまうので、リング際等では使わないように気をつけたい。

【2A+B】
伝統の下段技。
今作では22or88Kより僅かに発生が早くなっている。
ダメージが30点と、単発の下段技としてはかなり大きいのが特徴。
ガードバックが極端に大きくなっているので、確定反撃を受けることはあまりない。
下段技の中では珍しく、頭の位置が下がらないモーションなので、慣れない相手に対する効果は高い。

【1or2or3B+K】
通称タケノコ、事実上剣状態の最長リーチ技。
ヒット時はもう一度同じ技で追撃が可能で、剣1B+Kを至近距離で当てた時のみ剣214Kが確定。
攻撃判定はかなり小さく立ち回りで使うのは難しいが、リターンが大きい技なので、相手の足が止まるタイミングを狙ったり、隙の小さい技をガードさせた後にバックステップをしたりして仕掛けていきたい。
剣3Bをガードした後にその場から短く早い技を振る相手には対しては絶大な効果を発揮する。

【3214391A+G】
コマンド及び先行入力システムの変更、さらにダメージ10減と弱体化が進んでいるが、それでもまだ最高クラスの性能を誇る投げ技。
強烈なリーチは健在で、他のキャラでは真似できない距離で掴んで大ダメージを与えることができる。
また、その後の状況も非常に良く、剣3Bを筆頭に厳しい起き攻めを展開することが可能。
N択に、擬似確定反撃に、崩しに、とリーチの長い投げ故に使える場面はかなり多岐に亘る。
コマンドや入力開始のタイミングは難しいが、練習して身に付けるだけの価値のある技である。



【距離別立ち回り】
【遠距離】
開幕以遠の間合い。

剣状態の技は2or3B+Kを除くと基本的に届かないので、接近するなり環状態に切り替えるなりして対応したい。
技を出しながら飛び込んでいこうとしても、環66Aのように接近に向いている技がないので、前に走ってガードをし、相手の技をガードして有利を取ったら攻める・・・という展開になる。
基本的には我慢の間合い、ということが言えるだろう。
また、相手が牽制技を振るようであれば、剣66Bですかし確定を狙うことも考えられる。

使用頻度の高い技:66B、2or3B+K、A+K

【中距離】
AA等が先端ヒットする程度の間合い。
ここでも、剣状態ではまだやや遠く、有効な技が限られてしまう。
もう一歩踏み込んで投げの届く近距離戦に持ち込み、優秀な中段技を意識させながらリターンの大きな攻めを押しつけていきたい。

アイヴィー全体の傾向として、下段技の層が薄く、投げが届かない距離での崩しがやや弱い。
それでも剣状態は2A+Bや22or88Kがあるため、他の状態に比べれば、「立ちガード投げ抜け安定」をさせないことが可能である。
中距離はこれらの技が先端ガードとなって確定反撃を受けづらくなるので、この距離では相手の動きを見て下段での揺さぶりも試みていきたいところ。

使用頻度の高い技:AA、立ち途中A、66A、44A、BB、4B、しゃがみ3B、ジャンプB、66B、1KBK、立ち途中K、66or33or99K、22or88K、A+B、6A+B、2A+B、3214391A+G

【近距離】
中距離よりもう一歩内側、剣状態が真価を発揮する間合い。

剣6[B]等発生が早くヒット時に有利の取れる技で場を制し、暴れる相手は1KBK等で黙らせ、固まったところにN択を仕掛ける・・・というのが理想の流れ。
剣3Bをガードさせて逆二択を迫ることができるのもこの間合いである。

剣状態はヒット時に大きめの有利が取れる技が多いので、相手が固まりそうなシチュエーションを見つけたら、積極的に投げ技を仕掛けていくと良い。
理想は勿論クリミナルシンフォニーだが、これを警戒している相手にはB+Gが非常に良く効く。

使用頻度の高い技:AA、6A、3A、2A、立ち途中A、BB、6[B]、4B、3B、しゃがみ3B、立ち途中B、22or88B、1KBK、立ち途中K、66or33or99K、22or88K、2A+B、A+G、B+G、3214391A+G



次回は鞭状態です。
近距離での立ち回りは苦労する状態ですが、恐らく最も危険な技が含まれています。
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

ああ、お待ちしてました。さあ、練習すっか!
  • posted by すとん 
  • URL 
  • 2008.09/02 21:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

まってました!
とりあえず、おつかれさまです。

うし、練習しよう。
  • posted by マリーローズ 
  • URL 
  • 2008.09/02 22:12分 
  • [Edit]

 

更新お疲れ様です。
剣22Kから214Kのコンボで
なんか先端で当てたときなんだかどういう状況か
いまいち覚えてないんだけど、214KHITしてるのにも
かかわらず相手受身IYVまだグリグリ相手ウマー
な状況が2回ほどあったんですけど
いずみさんこの状況になったことありますかね?
現場に居合わせたのが小牧とどらおなんですけど
いまいち状況がわからなかったていうのがありますけど
時間あったら検証してもらえると助かります。

ちなみに確反なんてLvじゃないくら不利ですよwww
  • posted by あるく@三国 
  • URL 
  • 2008.09/03 00:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

エアーふみふみですねw
たまーにでますね。
  • posted by マリーローズ 
  • URL 
  • 2008.09/03 01:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

>>すとんさん、マリーローズさん
大変遅くなってしまって申し訳ありません。
その分?気合入れて文章が長くなっていますので、参考にしていただければ幸いです。

>>あるくさん
たまになりますねー。
3AEでも香華の駄々っ子を踏んだ時に起きてました。
今回は条件良く分からないですが、先端ヒット時にたまに起きてる感じがします。
あれが出ちゃうとほんとなんでも入りますねー。
アスタ236B+Kとか間に合うんじゃないでしょうか?w
  • posted by いずみっくす@群馬 
  • URL 
  • 2008.09/05 01:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

差し出がましいですが、校正しちゃいました。

【3A】
3行目:回復可能を誘発>回復可能スタンを誘発

【6[B]】
3行目:剣214KやB+K→環214[B]>剣214KやA+K→環214[B]

鞭状態の考察も楽しみにしています。
  • posted by ACE 
  • URL 
  • 2008.09/10 01:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

ご指摘どうもありがとうございます。
早速修正しました。

>>鞭状態
今日アップデートが入ったことによって、更新がちょっと遅れてしまうかもしれません。
取り敢えず、予告しておいた「恐らく最も危険な技」は無事に修正されたようで何よりでした。
  • posted by いずみっくす@群馬 
  • URL 
  • 2008.09/11 18:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

初めまして。いつぞやはIRCでお世話になりました。
自分のように4からデビューのアイヴィー使いには非常に参考になるサイトで助かります。
これからもちょくちょく覗かせて頂きますね。

ではまた機会がありましたら対戦よろしくお願いします。
  • posted by balo 
  • URL 
  • 2008.09/12 20:22分 
  • [Edit]

NoTitle 

先日はどうもありがとうございました。
今週は時間がなかなか取れなくてアイヴィーチャンネルにお邪魔できなかったんですが、その後如何でしょうか?

今後とも宜しくお願いしまーす。
  • posted by いずみっくす@群馬 
  • URL 
  • 2008.09/13 00:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

はじめまして、いつも参考にさせて頂いております。
名前の通り4からキャリバーを始めたもので
状態別考察やコンボ集など、非常に参考になり
鞭状態考察も大変楽しみにしております。

X-Box360でのプレイの為、未パッチですが
パッチ後を見据えた戦い方を心がけているのですが
鞭状態3Aの硬直増加が非常に厳しそうですね。
これからも参考にし応援しています。
更新がんばってください!
  • posted by 4からの男 
  • URL 
  • 2008.09/17 08:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

コメントどうもありがとうございます!

鞭状態編、現在書いているところですが、アップデート前後の変化があまり把握できていないこともあって、ちょっと苦戦しています。
てぎる限り早く上げようと思っていますので、お待ちいただければ嬉しいです。

Xboxも早くパッチが当たるといいですね。
永久コンボや安易に強かった技が修正されて、これからが4アイヴィーの始まりなのかなー、と思っています。
  • posted by いずみっくす@群馬 
  • URL 
  • 2008.09/17 22:43分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izumix5001.blog14.fc2.com/tb.php/128-63dcd105

Menu

プロフィール

いずみっくす@群馬

Author:いずみっくす@群馬
群馬県在住のキャリバープレイヤー。
メインキャラは1からずっとアイヴィーで「記憶に残るアイヴィー」を目標に研鑚中。
その実は、多分単なるクリミ厨(;´Д`)
その他現在は雪華、リザードマン等を使用中。

PS3でオンライン対戦をしております。
IDは"izumix5001"です。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。