FC2ブログ

罪人の響き ~クリミナルシンフォニー~

ソウルキャリバーシリーズに関するブログです。 タイトルどおり、主にアイヴィーについて。

Entries

2A+B。

アーケード版において、コマンド投げが弱体化しないことをひたすら祈る毎日ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?(;´∀`)

今回は下段技のネタです。

2では隙の少ない下段技として重宝した2A+B(2のコマンド1A+B)ですが、3になって性能がかなり変わっています。

2 発生23f 硬化 9f
3 発生25f 硬化17f


発生が2f遅くなり、硬化はほぼ倍加しています。
データ時にはかなり弱くなっていて、確反食らいまくりそうな印象です。

でも、使ってみると思いがけず反撃を受けません。
本当に17fも硬化があるのか、と思えるほどです。

疑問に思ったので、いろいろ試してみました。
その結果、距離による影響がかなり大きいらしいということが分かりました。

例えば対ジークフリート。
至近距離でガードされると立ち途中Bで浮かされてしまいますが、少し離れるとガードが間に合います。
ただ、ラファエルのしゃがみB?はぎりぎりからガードさせても反撃が間に合ったので、相手の技の発生の仕方による影響も大きいようです。
つまり、残念ながらエンジェ(ry

では、2A+Bのリスクとリターンを考えて見ましょう。

技を出す間合いは自分で調節できます。
そして、発生25fの技を至近距離で出すことは、普通ないでしょう。
つまり、必然的に中間に近い距離で出すことになる2A+Bは、意外にリスクの少ない技です。

一方、ヒットすれば問答無用で足やられになるので、214K或いは1B+Kが確定。
単発の下段技から取れるダメージとしては、結構なものがあります。

つまり・・・。

リスクとリターンの差を考えれば、これは使わない手はないでしょう!

目安としては、AAがヒットした後くらいの間合いでしょうか。
或いは、2Aヒット→強制立ち入力(4or6)→2A+B等も良さそうです。
ちょっと練習すれば、簡単に覚えられる距離ですし、実戦では良くある間合いだと思います。

お試しあれ。
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izumix5001.blog14.fc2.com/tb.php/38-06d4f6dd

Menu

プロフィール

いずみっくす@群馬

Author:いずみっくす@群馬
群馬県在住のキャリバープレイヤー。
メインキャラは1からずっとアイヴィーで「記憶に残るアイヴィー」を目標に研鑚中。
その実は、多分単なるクリミ厨(;´Д`)
その他現在は雪華、リザードマン等を使用中。

PS3でオンライン対戦をしております。
IDは"izumix5001"です。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索