FC2ブログ

罪人の響き ~クリミナルシンフォニー~

ソウルキャリバーシリーズに関するブログです。 タイトルどおり、主にアイヴィーについて。

Entries

動画解説 ~その3~

動画解説第三回は、野試合からのピックアップ。
第二回に続き、ニックさんとの一戦です。

下記を開くと動画が貼り付けてありますが、別ウィンドウでご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。



[第1ラウンド]
[60~54]
例によって距離の取り合いからスタート。
66Aが空振りしましたが、反撃が間に合わないと見て、さらに踏み込んでから剣33/99Bを差し込みます。
これはガードされましたが、反撃のAAをインパクトして、剣A+B,A~33/99Aのコンボを入れて先制します。

[54~51]
追いかけて起き攻めの剣214Kを出しますが、後転されたために空振り。
2Bをガードした後にこちらも剣2Bを出しましたが、バックステップ~反時計ステップで綺麗にかわされ、236Bを食らいます。
しつこく書きますが、これはアレクサンドル姉妹戦での要注意パターンです。

[50~46]
すかさず接近されて1Kを出され、立ちガードしていてヒット。
続くAAをガードして、すぐに追いかけて剣4A。
この技は貴重な対反時計横斬りで、上段ながらカウンターで剣4KBが入ります。
先程のバックステップ~右ステップを読んで出したのですが、踏み込み過ぎていて技が間に合わず、逆に44Kをカウンターで食らってしまいました。
追い打ちの22B+Kを食らい、体力で逆転されます。

[46~43]
起き攻めの4Bはガード。
強制しゃがみになっているため、立ち途中技で最も発生の早い剣立ち途中Kを出しますが、ガードされます。
4Bには確反がなく、且つガード後が密着なのでできれば投げ等で反撃したいところですが、展開が非常に早いのでついこうやって技を出してしまい、また有利を取られてしまいます。
また、ソフィーティアにはこのタイミングで当身技であるA+Bを出す、という選択肢があるため、反射的に立ち途中技(アイヴィーの場合、全てA+Bで取られてしまう中段技)を出してしまうのは危険です。
続くAAをガードした後、下がりを読んで剣66Bを出したところ、これがヒットします。

[43~38]
すかさず接近して起き攻めの剣2B・・・は剣22/88Bのコマンドミスです。
剣22/88Bは発生こそやや遅いものの判定は強く、カウンターで浮き、さらに隙は-1とないに等しい上に、相手は強制しゃがみになります。
起き上がりに押し付ける技としては、剣33/99B同様非常に優秀な技です。
剣2Bをガードされたため反撃を立ちガードしようとしましたが、1Kを出されたために食らってしまいます。
AAをガードし、前に出てから剣A+BHを出しますが、これもガードされます。
ここで6Bをガードしたのでクリミナルを出そうとしますが、コマンドミスで何故か鞭2Aに。
微妙にかくかく動き、且つ鞭2Aが出るのが遅いので、明らかに入力が遅かったことが分かります。
距離的には十分に届くところだったので、痛いミスです。
返す2Aをガードし、距離が離れます。

[36~30]
距離の取り合いから一気に間合いを詰め、鞭3BHを狙います。
何故か一瞬しゃがみ、さらに右ステップしてから出した挙句、何故かホールドできていませんが、これは冷静に動けていないことの証ですね。
また、これは「人読み」になってしまいますが、ニックさんは技が見えていないタイミングで手癖の屈伸をする人ではないので、ここは通常投げにいくのが正解だったと思います。
コマンド投げに固執するあまり、通常投げを忘れてしまう私の悪い癖がもろに出ているところです。
返すBBをガードし、鞭6Bを出したところ、バックステップにカウンターヒット。
これで有利を取りましたが距離が遠かったので一歩踏み込んでから鞭3Aを出したところ、踏み込もうとしたところにカウンターヒットします。
しかし、ここで剣1Aを出してしまうというコンボミス。
距離的には剣AAH、角度が心配なら剣2A+B或いは剣214Kが正しいコンボになります。
剣AAHが入ると大ダメージの上起き攻めのチャンスになるので、ここは決めたかったところです。

[29~27]
起き攻めに剣22/88Bを出しましたが、起き上がりの立ち途中Kがカウンターヒット。
続く1KHはガードしますが、これまた確反がないので、リーチの長い剣立ち途中Bを出したところ、バックステップをぎりぎりで引っ掛けました。

[26~19]
再び剣22/88Bを重ねようとしますが、発生が遅いところを読まれているのか、起き上がりの立ち途中Aがカウンターヒット。
慌ててインパクト暴れをしたものの66A+Gで投げにきていて掴まれます・・・が、遅いものの投げ抜け成功。
不利になったので横に回り込もうとランしましたが、続く66Aも食らってしまいます。
4Aをガードし、下がったところもう一度4Aがきて空振りしたので、そこに剣44Bを叩き込みます。
剣44Bは発生の遅い上段横斬りですが、リーチが非常に長く、またガードさえさせれば±0と隙がない上に大きなガードバック距離まで離れますので、すかし確定を狙うには最適の技です。
起き上がりに走っていき、一瞬ステップしてから剣2Kで最後の一削りに成功し、KOとなりました。

[第2ラウンド]
[60~53]
先手を取ったのはニックさん、近づいてBBからのスタートとなりました。
近づいてから剣6A+BHを出したところ、ガード後にしゃがまれました。
クリミナルを読んだのだと思いますが、今回は剣6A+BHがガードされているので出していませんでした。
一瞬の間があって2Aをガードし、前に出て鞭2Bを出しましたが、やはりガードされます。
続いて、Aキャンセルから1Kという揺さぶりがきましたが、これをガード。
残念ながら見えていたわけではなく、投げを警戒しての屈伸でした。
そのため反応が遅れ、すぐに反撃が出せませんでした。

[53~49]
立ちガードを読んで一歩踏み込み、そこから直にクリミナルを出しますが、これが投げ抜けされてしまいます。
しかし、マイト/クリミナルはシステム上抜けられても不利になることがないのが素晴らしいところ。
一瞬下がってから鞭6Bを出してヒットさせ、すぐに鞭3Aを出してカウンターヒットさせます。
そして、前回に引き続きコンボミスを犯しました。
剣1B+Kを出してしまい、横向きに倒れたところに完全にすかってしまいます。
距離的には剣2B+K、最低でも何かしらの追撃はいれなくてはいけないところで、これは酷いミスです。

[48~44]
チャンスを逃したところに起き上がりの立ち途中Aがヒット。
続く44Kを左ステップし、またクリミナルを狙いましたが再び投げ抜けされます。
前進を狙って鞭66Aを置きましたが、これがぎりぎりですかされて22Aを食らい、ダウンしたところに4Bの追い打ちが入ります。

[44~37]
続く66Bは時計横転から起きて立ちガード。
この技は非常に厄介な技で、発生こそ遅いもののリーチが兎に角長く、縦斬りとしては相当の厚みがある上にガードしても隙はほとんどなく、さらに食らうと大ダメージのコンボ(A+K~236Bですが、回避は可能とのこと。)を食らいかねない、という性能を持っています。
そのため、ガードしてもすぐに手は出さず、前に出て距離を詰めました。
ここでステップからの技に対してインパクトに成功していますが、これはステップ~ガードをミスしての暴発です。
リバースインパクト以外に対して確定する鞭3BHが出せず、遅れて鞭BBを出してガードされているのが私自身が焦ってしまった証拠です。
またもチャンスを逃したところでBBをガードし、すぐにクリミナルを出しましたが、バックステップされていてすかります。
しゃがみから236Bがきましたが、これは距離の関係で間に合わず、ガード成功。
しかし、ガードできたことに慌ててしまい、うっかり鞭6AAを出してしまいます。
幸い3発目をしゃがまれなかったため、中間距離に戻りました。

[37~35]
再び距離を詰めて立ちガードをしましたが、1Kを出されて食らいます。
ノーマルヒットでは五分なのでまた前に出ましたが、さらに2Aを食らってしまいました。
時計ステップからの44Kをガードし、また距離が離れます。

[34~31]
少し前に出てから剣6B。
ステップされていてひやりとしましたが、発生の遅さ故かホーミングして?カウンターヒット。
調子に乗って剣2A+Kでの崩しを狙いましたが、これはきっちりと下がられてすかり、236Bを食らってしまいます。

[31~24]
起き攻めの1Kは一点読みでガード。
すぐに立ち途中Aを出しますが反撃は間に合わず、バックステップですかってしまいます。
幸い、236Bは間に合わずガードできましたが、焦って剣6Bを出してしまい、確反を逃すという痛いミス。
さらにAAを食らってしまいますが、続く44Kは時計ステップでかわしました。
咄嗟のことでまた反撃が遅れてしまったため、剣BBHでガードブレイクを狙います。
ガードブレイク後、立ちガード投げ抜けを読んでもう一度鞭22/88Bでガードブレイクし、今度はクリミナルで掴みますが、またも投げ抜けされてしまいます。

[23~15]
離れた距離を一気に詰めますが、AAを追い払われます。
さらに詰めようとしたところに11/77Aが置かれ、これを食らいます。
続けてもう一度11/77Aは過去の対戦経験からの人読みでガード、しかし反撃の鞭立ち途中BBはガードされたので、一発で止めました。
再び近づこうとしたところにさらに11/77Aを食らい、続く1Kは読みでガード。
続いて立ちガードを読んで前ステップから鞭A+Kでジルフェに構え、A投げ抜けを読んでマイトを出しますが、それをさらに読まれて投げぬけされてしまいました。

[14~6]
一端距離が離れ、リング際が離れようとするところに近づいての剣66Aがヒットします。
すぐに起きるのを読んで剣66KHを重ねようとしますが、これは焦り過ぎで反時計横転により完全にすかってしまいます。
後ろに回りこまれる形になりましたが、すぐにジルフェを解いて体勢を立て直します。
時計ステップしたところに1Kがすかったので、剣66KHを押し付けて無理矢理クリミナル。
おそらく投げ抜けのA?が出ていましたが疑惑の判定で吸い込み、このラウンド4回目にしてようやくコマンド投げを決めることに成功しました。

[5~4]
残りタイムも、残り体力も僅か。
ここで、安定選択肢の鞭214Kを出してしまいましたが、これは判断ミスでした。
踏めばKOとなる体力の場合、相手はしゃがみガードする確率は非常に高くなります。
ここは裏を読んで中段技を出すべきでした。
結果ガードされ、不利になってお見合いしたところに立ってからの1Kが刺さってKOとなりました。
コンボミス複数回、インパクト後の確定を逃し、さらに確反ミスあり・・・と非常にミスが目立つラウンドでした。
また、コマンド投げを1ラウンドに4回も抜けられたのは初めてで、ニックさんの投げ抜けの正確さに脱帽すると共に、私の狙いの分かりやすさが恥ずかしいところです。

[第3ラウンド]
[60~55]
66Aで先手を取られます。
有利をとって前に出て4Aを出してくるところを暴れの66Aで切り返し。
折角カウンターヒットしたのにまたも剣214Kを入れられませんでした。
すぐに近づいてジルフェに構え、寝っ放しに対してジルフェB6B4B6B4Bを狙いますが・・・入力をミスして4発止まりになってしまいます。

[54~48]
起き上がってからのBBをガードして距離を詰め、一瞬おいて鞭3Kを出しますが、ガードされます。
やはりここも通常投げにいくべき場面でした。
次にステップからのBBをガードしていますが、この際に悪い癖で一瞬屈伸しています。
BBガード後のバックステップを読んで出した鞭6Bがカウンターヒット。
ぎりぎりの距離だったので鞭3Aを出し、さらにカウンターヒットしますが・・・またも入力ミスで剣2B+Kが剣1B+Kになってしまい、空振りしてしまいます。

[47~39]
前に出てから反時計ステップをしたところ、ぎりぎりで66Aをガードできました。
すかさずクリミナルを出しますが、ガードバックが大きかったため僅かに距離が足らず空振りし、そこにAAがヒット。
反時計ステップから下段ガードをして続く1Kをガードし、鞭しゃがみ3Bで削り。
しかし、鞭しゃがみ3Bは剣しゃがみ3Bと比べるとフレーム的に相当性能が落ちるので、ここは少しホールドして距離を離すべきでした。
不利をつかれて動こうとしたところに2Aを食らってしまい、さらに近づかれてA投げを食らいます。
おそらく66A+Gのミスだったと思いますが、投げ抜けに失敗してしまいました。
A投げはダメージこそ小さいものの、展開が早いため、そこからさらに攻めを継続されてしまいます。
近づいて一瞬しゃがんでからの立ちA+BHですが、これに反応できず(何故か一瞬しゃがんでいます・・・)に食らってしまいました。
追い打ちの66Bが入り、ここで大きく体力を奪われてしまいます。

[38~36]
壁と壁に挟まれた最悪の場所に追い詰められ、ランでプレッシャーをかけられます。
1KHを出されましたが、タイミング悪くここで立ち起きをしてしまい、食らってさらに22/88B+K。
1Kを嫌って焦ってしゃがみ起きをしたところに4Bが当たり、KOとなりました。
再度のコンボミス、攻め込まれた時のもろさ、とまたも良くないところがでています。

第4ラウンド
[60~53]
距離の取り合いから踏み込んで剣4A。
反時計ランを読んで出したのですが、当身のA+B?を出していたのかカウンターヒットし、剣4KBが繋がります。
続く剣214Kが立ち上がるところにノーマルヒット。
不利ですがやや距離が遠かったので剣BBを出したところ2発目のみがヒットし、さらにバックステップを読んで踏み込んだ剣66Aがカウンターヒットします。

[52~46]
距離が遠めだったので剣214Kにはいかず近づいて剣A+Kでジルフェに。
寝っ放しを読んでジルフェB6B4B6B4Bを出したところ、起き上がり立ち途中Bを出されカウンターヒット・・・と思いきや、攻撃と攻撃の間だったのか、逆にこちらがカウンターを取られてしまいました。
ヒットしていれば鞭2Bの追い打ちまで入って80以上のダメージだっただけに、非常に残念なところです。
続くAAをガードし、さらに接近して22Aをガード、と我慢し、間合いが丁度良かったため鞭3BHを出したところ、これがヒットします。
すかさずジルフェB6B4B6B4Bを狙いますが・・・またもや4発止まりになってしまいました。
少し練習をサボっていたせいか、今回の遠征ではジルフェB6B4B6B4Bの精度がかなり悪かったです。
5発目が出ないとジルフェBBBのほうがダメージが高いので、また練習して精度を元に戻しておかなければいけませんね。

[46~43]
受け身を取るところに距離を詰めてプレッシャーをかけますが、22Aを食らってしまいました。
[追い打ちの4B・・・と思いきや、236Bが暴発。]
(この箇所について、ニックさんご本人からご指摘を頂きました。暴発ではなく、軸ズレがなければ236Bが確定とのことです。)
チャンスと見てすぐに起きて鞭3Kを出したところ、フォローの技にカウンターヒット。
鞭3Kヒット後はクリミナルの狙いどころなので出したところ、バックステップされたにも関わらず掴んでいますが、残念ながら投げ抜けされます。

[42~39]
一気に遠距離戦となり、足が止まったところに出した鞭6Bがヒットします。
今度はまだ距離が遠かったのですぐに鞭3Aは出しませんでした。
少し近づいたところで削りを狙って鞭11/77AAを出そうとしたら・・・なんと鞭214Aが暴発。
慌ててすぐにGでキャンセルしましたが、いきなりだったせいか隙は突かれずに済みました。
A+Bを空振りしたので、一気に距離を離します。
そして今度こそ正しく鞭11/77AAを出したところ、再びA+Bを出していてカウンターヒットしてKOとなりました。

第5ラウンド
[60~56]
さて、運命の最終ラウンド。
距離の取り合いから剣66Aで踏み込みますが、僅かに届かず空振りします。
反撃は間に合いませんでしたが、フェイントからの1Kに屈伸のタイミングがずれ、ヒット。
一歩下がったところに2Aがすかったため剣44Bを出しましたが、これはガードされて距離が大きく離れました。

[55~50]
一気に間合いが詰められ、時計ステップから立ちガードしたところに1Kがヒット。
続く66Aは反時計ステップでかわしますが、反撃が間に合わないと判断して剣BBHを出したところ、2発目をインパクトされてしまいます。
焦ってリバースインパクトを出したところに4AHBが入り、大ダメージを食らって壁際に追い詰められてしまいました。
この展開は、第2回で解説したTB決勝戦第1ラウンドと同じで、反射的にリバースインパクトを出す悪い癖が出てしまっています。
さらに追い打ちの4Bを食らって、一気に体力を奪われてしまいました。

[50~40]
その後は、左側が壁で非常に苦しい位置です。
已む無く反時計に横転しますが、そこへ1KHがヒット。
何とか起きて66Bをガードしますが、焦って鞭3Kを出してバックステップに空振りします。
AAの2発目をガードできたので距離を詰めて鞭3KHを出しますが、先に2Aがカウンターヒット。
慌ててインパクトを出してしまったところに1Kがヒットし、さらに体力を削られます。
AAをガードしたので鞭66KHを出しましたが、リーチが足りずに空振りし、BBを食らいます。
たまらず距離を離そうとしますが、そこに66A、66Bと連続で食らってしまい、パーフェクトでKOとなりました。
左側が壁だったため、時計に回れなかったのが苦しかったです。
最後のヒットを見ると、如何に66Bが長い技なのかが良く分かると思います。
全くいいところがなく、冷静さを欠いて技を食らいまくってしまった最悪のラウンドでした。

[まとめ]
最終ラウンドは見事に凹られていますが、第4ラウンドまでは良い試合だったと思います。
負け試合というのは勝ち試合より遥かに学ぶべき点が多いですね。
・剣33/99A後の剣214K判断ミス。
・鞭3Aカウンターヒット後のコンボミス多数。
・被インパクト後の反射的リバースインパクト。
・通常投げを一度も出していない。
・剣/鞭2Kや剣しゃがみ3B等、リスクの小さい削り技を使っていない。
この辺りは意識して直していかなければいけないところです。
特に後ろの2つはガードの固い相手に対する崩しとして必須になるので、立ち回りの中でスムーズに出せるようにしてきたいところです。
スポンサーサイト



*Comment

実はチェックしていました 

受け身を取るところに距離を詰めてプレッシャーをかけますが、22Aを食らってしまいました。
追い打ちの4B・・・と思いきや、236Bが暴発。

の下りですが、実は正面ヒットの際には
ストライクが確定します。あの時は軸ズレしてました。
瞬時に判断できないと駄目なんですが、そこまでは
流石にできませんね。
丁寧な動画解説ありがとうございました。
読んでて当時を思い出して、非常に楽しめました。
  • posted by ニック 
  • URL 
  • 2006.12/08 00:25分 
  • [Edit]

 

どもですー。
ご指摘ありがとうございました。

なるほど、確定するものなんですねー。
早速自分でもAEで確認してみました。
つくづく22Aはいい技ですねヽ(´ー`)ノ

他にもツッコミどころがあったらお願いしますねー。
  • posted by いずみっくす 
  • URL 
  • 2006.12/08 00:46分 
  • [Edit]

 

参考になる記事&動画堪能させて頂いてます
書き込みは初でが今後もちらほら出没しようかなぁと思います
こちらも某御剣がソフィーを使い出しまして・・・
対応に困り果てる日々を送ってまして、こちらのスタイルから自分の研究点を数点、
※幾分内輪試合なので癖と慣れもあるのかもしれないですがorz

・鞭2Aと2Kは危ない
両方ガード後エンストが刺さるので危ない気もします
特にいずみスタイルの場合有利フレーム→クリミが主軸ですが、
鞭2A=(発生/17)(NHIT/0)(CHHIT/+4)(G/-14)、鞭2B=発生(15)(NHIT/+1)(CHHIT/+1)(G/-10)
を見る限りじゃ2Aが危なっかしい気がするので私的に対ソフィーでは封印気味

・ソフィーのエンスト間合いは剣維持
3・5試合目等で思ったことですが鞭維持が長すぎるんじゃないかなぁと少々思ったり
画面中央ならばランで間合いは取れたりしますけども、壁に囲まれてる所で鞭だと対ソフィーの場合振る技が限られすぎて状況が悪すぎると経験から思ってます
(間合いが取れないとソフィーワールドを展開されすぎる)
鞭→剣には鞭3Aを振るのが一番安全だと思ってるのでそのルートでの動きだと
5試合目では特にそうですが鞭状態で前へ攻める機会の時を3Aに変えてればその後剣になり、凹られた、といっても状況は変わったんじゃないかと思うところはありました
私的に使う立ち回り例ですと
・間合いが詰めれられから剣2A→B+Kで間合いがある上での鞭状態からの再度展開
B+Kですかし~クリミや2Aが当たればマイトも可
・B~Bをホールドせず剣を維持し上ど同様

・・・どうにも書き足りない事だらけですのでまた遠征にでも首突っ込んで語りたいなぁとは思ってますorz
  • posted by 長野のアイヴィー@齊藤 
  • URL 
  • 2006.12/14 17:40分 
  • [Edit]

 

>>長野のアイヴィー@齊藤さん
ご無沙汰しております、コメントどうもありがとうございました。
こうやっていろいろと他の方の視点での意見が聞けるのも、こういう記事を書く大きな利点なのかな、と思っております。

>>鞭2Aと鞭2K
鞭2Aは、クリミナルが届かないようなぎりぎりの間合いで鞭2Bがヒットした後に出すと、動こうとした相手にカウンターヒットすることが結構あります。
・・・が、これは強制立ち~鞭3Aでも同じですね。
鞭3Aもエンスト確定という点では同じですが、赤ヒット後のリターンを考えればやはり鞭3Aを使うべきなんでしょう。
私は強制立ちからの行動がやや苦手なので、この辺りは課題といえそうです。
鞭2Kについては下段ということもあり、ガードされること自体を考えない・・・というかそもそもガードされる場面で出さないことが重要でしょうね。
また、これは補足になりますが、鞭2Bはどうやら家庭用よりも技後の性能が向上していると思われます。
発生は遅くなったよう(17らしい?)ですが、ガード、ヒット共にAEのほうが状態が良いようです。
鞭2Aについては、家庭用からの性能変化があるかどうか後で検証してみます。

>>鞭状態維持
今回はニックさん相手にあまり機能しなかったのですが、鞭状態が長い時は以下の2つを目論んでいる時です。
・ステップorランからの鞭3Bor鞭33/99B
・ガード後クリミナル
野試合ということもあり、ちょっと鞭にこだわって戦っていた感がありますね。
あまり使っていない鞭66KHを使ったりしている(場面は最悪ですが)のもその一端のあらわれです。
この辺りについては、動画その2(大会決勝)のほうでは、もう少し丁寧にやっていると思います。

>>壁際
確かに壁付近は剣にしておきたいですね。
鞭のまま前に出る代わりに鞭3A、は少し意識してやってみたいと思います。
ただ、鞭3Aも上述のようにエンスト確定するので、あまり気楽には振れないという点では同じですね。

>>その他
今回いただいたコメントを反芻していてふと気がついたのは、「剣2Aの使用頻度が激減している」ことでした。
弱体化はしているとはいえ、まだまだ強い技なのでもっと使っていかないといけませんね。
折角マイトのリーチも伸びていることですし。



そんなわけで、いろいろと勉強になりました。
次回お会いした際にはまた熱く語りましょうヽ(´ー`)ノ
  • posted by いずみっくす 
  • URL 
  • 2006.12/20 20:55分 
  • [Edit]

点 

特殊投げの仕掛け方が悪い。もっと仕掛けられるポイントがあった。入っていれば展開が大きく変わっていたと思う。

 

>>イザベラ・ネオさん
ご指摘ありがとうございます。

まだまだ硬直中の先行入力に頼る部分が大きいのですが、もっと良いポイントで仕掛けられるように頑張りたいと思います!
  • posted by いずみっくす 
  • URL 
  • 2007.01/04 23:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izumix5001.blog14.fc2.com/tb.php/91-daa41759

Menu

プロフィール

いずみっくす@群馬

Author:いずみっくす@群馬
群馬県在住のキャリバープレイヤー。
メインキャラは1からずっとアイヴィーで「記憶に残るアイヴィー」を目標に研鑚中。
その実は、多分単なるクリミ厨(;´Д`)
その他現在は雪華、リザードマン等を使用中。

PS3でオンライン対戦をしております。
IDは"izumix5001"です。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索